CROWNⅠ和訳 Optional Reading

Optional Reading

A Visit from Saint Nicholas
サンタクロースの訪問

P.165

クリスマスの前の晩だった。

家はとても静かだった。

家の中で動いている生き物はいなかった。

ねずみの一匹さえ動き回ってはいなかった。

煙突の隣には靴下がきちんとかけられていた。

【POINT】をチェック

子供達は、サンタクロースがやって来て、それらをいっぱいにしてくれることを願っていた。

子供達は、ベッドの中にいた。

彼らのベッドは私達の隣の部屋にあった。

ママと私はベッドの中にいた。

ママはカチーフをかぶっていた。

私はナイトキャップをかぶっていた。

子供達が動いているのが私には聞こえてた。

私達は動かなかった。

私達が寝ていると子供達に思わせたかったのだ。

「お父さん」子供達は言った。

返事はなかった。

彼はちゃんと向こうにいる、と彼らは思った。

「お父さん」彼らは言った、そしてベッドの上でドスンと音を立てた。

「何だ?」私は尋ねた。

「砂糖菓子の幻を見たんだ」子供達は言った。

「寝なさい」ママは言った。

「眠れないよ」子供達は言った。

彼らは話すのをやめたが、彼らが動いているのが私には聞こえた。

【POINT】をチェック

彼らは音を立てた。

 「眠れる?」子供達が尋ねた。

 「いや、」私は言った。

続きはこちらでご覧になれます!

タグ: , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。