CROWNⅠ和訳 Lesson 8

Lesson 8

P.128

それは、私たちの友達が常に私たちを笑わせてくれるからではなく、自分自身についていつもいい気分でいさせてくれるからである。

チャールズ・M・シュルツは、人生における本当の成功は、お金、名声、そして権力の問題ではないのだ、ということを訴えているようである。

むしろ、それは、希望、勇気、他人に対する尊敬、そして何よりも、ユーモアのセンスによって決まるのである。

彼は、以前こう言った。もし次の世代へ何かプレゼントをする機械を与えられたとしたら、私はそれぞれの個人が自分自身を笑い飛ばせるようになる能力を与えたいと思う。

【Q-9】
新聞でピーナッツの登場人物を見ることができないと、私たちはどのような気分になりますか?
We will miss them as we might miss a friend who has gone away.
私たちは、いなくなってしまった友達に会いたくなるように、彼らに会いたくなる。

P.129

50年近くの間、チャールズ・M・シュルツは、毎日毎日、一度に一話ずつピーナッツを描いた。

day after day 毎日
at a time 一度に

しかしながら、1909年の暮れに、チャールズ・M・シュルツは、自分がガンでありこれ以上続けることが出来ないということを知った。

読者にお別れを告げるために、彼はお別れの漫画を描き、それは6週間後に掲載されるはずだった。

⇒文章構造:be to 不定詞

彼があと1日長く生きていれば、彼は紙上のその漫画を見ることが出来た。

in print 印刷された、活字の

【文章構造:仮定法過去完了】

悲しいことに、彼はその漫画が掲載された日の前日に亡くなったのだった。

come out 現れる、出版される

2000年2月13日に、世界中のピーナッツを愛する人々は、目覚めるとピーナッツの登場人物とその作者の両方がもういないのだ、ということを知った。

woke to learn 目覚めると、知った
be no more もはや存在しない

私たちは、彼らを自分の友達のように考えるようになっていたが、彼らは今やいなくなってしまったのだった。

think of ~as … ~を…と考える

チャールズ・M・シュルツとピーナッツは、その特別なユーモアと、頑張り続けるための優しい励ましによって、私たちが困難な世界に立ち向かうのを助けてくれた。

【Q-10】
チャールズ・M・シュルツとピーナッツは、私たちが何をするのを助けてくれましたか?
They have helped us face this difficult world with their special type of humor and gentle encouragement to carry on.
彼らは、その特別なユーモアと頑張り続けるための優しい励ましで、私たちがこの困難な世界に立ち向かうのを助けてくれた。

続きはこちらでご覧になれます!

タグ: , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。