PRO-VISIONⅡ和訳 Lesson 7

Lesson 7  World Englishes
第7課  世界の英語

P.91

【READ and THINK】

1

1780年にジョン・アダムスは言った。

「英語は次の、そしてその後に続く世紀において前世紀におけるラテン語よりも、また現代のフランス語よりもより一般的
に世界の言語となる運命である。」

彼が正しかったことが証明されるまで200年近くかかった。

世界で英語を使用する人々の人数に関する正確な統計は存在しない。

しかしながら、10億人以上の人々が英語を話すと言われている。

〔訳〕
彼は偉大な作家になる運命だった。
彼は40歳近いに違いない。

【QUESTIONS】
〔問題文訳・解答例・解答訳〕
1. ジョン・アダムスの言ったことが正しかったと証明されるまでどのくらいの時間がかかりましたか?
  It took close to 200 years.
  200年近くかかった。

【Window 1】
ラテン語は死んだ言語なのか?
ラテン語は元々ラティウムと呼ばれるローマ周辺の地域で話されていた。それはローマ帝国の公用語となった。帝国の拡大がラテン語の使用を広め、紀元前2世紀にはヨーロッパ、中東、そして北アフリカ全土でその言語は話された。中世では、ラテン語は学問の世界における共通言語であり、その流暢さは教養のあるエリートの一員であることの証だった。今日においても、フランス語、スペイン語、そしてイタリア語のように言語に対するラテン語の影響がまだ栄えているのを目にすることが出来る。

【WORDS】

John Adams 〔固有名詞〕 ジョン・アダムス
be destined to ~ 〔熟語〕 ~する運命である
Latin 〔名詞〕 ラテン語
close to ~ 〔熟語〕 ~近く
prove 〔動詞〕 証明する
statistics 〔名詞〕 統計
concerning 〔形容詞〕 関する
billion 〔名詞〕 10億

⇒PRO-VISIONⅡLesson 7 続きはこちら

タグ: , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。