PRO-VISIONⅡ和訳 Lesson 1

LESSON 1 GO Armstrong!
(第1課 行け!アームストロング)

P.7
【READ and THINK】

全ての障害をチャンスに、全てのネガティブをポジティブに - 私の母はこのルールで私を育て、これが私の生き方である。

私が育ったテキサス州の小さな町では、フットボールをやらなければ無名だった。

私は、フットボール・プレーヤーになろうとしたが、全く駄目だった。

そこで私は、何か他のものを見つけたいと思った。

少年だったとき、私は義父とうまくいかず、それは私を苛立たせた。

  

【文章構造:関係代名詞which非限定用法】
  When I was a boy, I did not get along with my stepfather, which frustrated me.
  関係代名詞which以下の文が、直前の文全体を修飾しています。
  このような用法を「非制限用法」という。
  非制限用法の際は、通常の関係詞とは違って、前から訳していきます。

しかし、この問題を乗越えるチャンスを私に与えてくれたことが起きたのだった:
私は初めての自転車と出会ったのだ。

私はそれに惹かれ、思った。

「もしこの道で十分長く自転車に乗れば、ここよりも良いどこかへ僕を連れて行ってくれる。」

晴雨を問わず、私は自転車のペダルを踏み続けた。

13歳のとき、私は若いサイクリストのトライアスロンで優勝した。

それからそれほど経たないうちに、私は別のトライアスロンで優勝した。

私は州全体のトップ・ジュニア・サイクリストである感覚が好きだった。

このようにして私の自転車との人生が始まった。

【WORDS】
opportunity 〔名詞〕 チャンス
negative 〔形容詞〕 否定的な
positive 〔形容詞〕 肯定的な
Texas 〔固有名詞〕 テキサス
unless 〔接続詞〕 ~しなければ
no good 〔熟語〕 良くない
get along with ~ 〔熟語〕 ~と仲良くやる
stepfather 〔名詞〕 義父
frustrate 〔動詞〕 イライラさせる、欲求不満にさせる
come across ~ 〔熟語〕 ~に出会う
bike 〔名詞〕 自転車
attract 〔動詞〕 魅了する
somewhere 〔副詞〕 どこかへ
rain or shine 〔熟語〕 雨の日も晴れの日も
keep on ~ing 〔熟語〕 ~し続ける
pedal 〔動詞〕 ペダルをこぐ
triathlon 〔名詞〕 トライアスロン
cyclist 〔名詞〕 サイクリスト

〔訳〕
私は最近姉(妹)とうまくいっていない。
私は昨日図書館で古い英語の本を偶然見つけた。
外国からの多くの人々が京都に惹かれる。
外は雨でも晴れでも、明日釣りに行く。
食べ物の価格は上がり続けた。

【QUESTIONS】
1.
〔問題文訳〕 自転車に惹かれたとき、ランスはどう思いましたか?
〔解答例〕  He thought, “If I ride the bike on this road long enough, it will take me somewhere better than here.”
〔解答訳〕  彼は、「もしこの道で十分長く自転車に乗れば、ここよりも良いどこかへ僕を連れて行ってくれる。」と思った。

2.
〔問題文訳〕 ランスは13歳のときに、どのようなレースで優勝しましたか?
〔解答例〕  He won a triathlon for young cyclists.
〔解答訳〕  彼は若いサイクリストのトライアスロンで優勝した。

⇒PRO-VISIONⅡLesson 1 続きはこちら

タグ: , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。